日常

同じような日々の繰り返し。何もない毎日が退屈。

  • 閲覧数:64
本のタイトル
ペンギン・ハイウェイ
著者
森見登美彦

小学4年生のアオヤマ君が、街中に突如現れたペンギンの謎、お姉さんの謎を研究していく。少し不思議なSF小説。

本からこんなことに気づけるかも

1

何かを研究したくなる

2

「知らない」ということにワクワクする

3

ペンギンやアオヤマ君に癒される

ブックセラピストからのひとこと

「なんでこの人は楽しそうなんだろう?」「カレーを美味しくつくるにはどうしたらいいんだろう?」「このきれいな黄色の花はなんだろう?」
日常の中でふと疑問に思ったこと。気になったこと。どんな小さなことでも、少し研究してみるのはどうでしょう?

なんとなく心に引っかかったけど、調べることでもないよなぁと。いままでスルーしていたことに目を向けてみよう。調べてみると、新しい発見があって。いつもの毎日が少し違うように見えてくると思います。

調べるときは、なにかの役に立てようとか、そういうことは考える必要はなくて。あなたの心に止まったものをただただ調べてみるのがいいです。役立つから勉強するのではなくて、面白そうだから、気になったから勉強する。そのほうがずっとずっと、楽しくなるんです。

そんなことをしているうちに、ほら。毎日の見えてる世界が少しずつ変わってきて。面白くて、たまらなくなってきませんか。