夢・進路

就活。今何をすればいいのか、周りの人がどこまで進んでいるのか、分からない。(21歳・学生)

  • 閲覧数:56
本のタイトル
何者
著者
朝井リョウ

想像力が足りない人ほど、他人に想像力を求める。 就活対策のため、拓人は同居人の光太郎や留学帰りの瑞月、理香らと集まるようになるが――。衝撃のラストが襲いかかる戦後最年少の直木賞受賞作。

本からこんなことに気づけるかも

1

誰しも何者かになりたがっている

2

人間の奥底に沈む闇が見透かされてる作品

3

就活を題材にした複雑な人間関係を表現しています

ブックセラピストからのひとこと

何者は、就活が終わった後に読んでください。 就活前に読むと、人によってはパフォーマンスを発揮できないかも... それほどまでに、人間の奥底を覗きみたような1冊です。

さて、就活をどう進めればいいか分からないあなたへ。 本当は同期に聞けば早いのでは....と思いますが、色々な事情があるのでしょう!

僕からのアドバイスとしては、「ひたすら情報を取ること」をおすすめします。
・Twitter(SNS全般)
・大学の就活支援
・友達
・OB/OGの先輩(サークル, バイト)
などなど、探してみるとヒントはたくさん落ちています。

勇気を出して誰かに聞いてみるのがオススメです!
就活で自分をアピールするには、そういう積み重ねが大事になってきます。

あとは、自信を持って面接に臨んでください!
前田裕二さんの『メモの魔力(幻冬舎)』自己分析しておくと自分の軸をしっかりと作れます。

では、健闘を祈ります!楽しんで!

created by Rinker
¥737 (2024/06/15 01:39:40時点 楽天市場調べ-詳細)