夢・進路

毎日楽しく過ごしているけど、このままでいいのか不安になる(30代・女性)

  • 閲覧数:11
本のタイトル
裸一貫!つづ井さん
著者
つづ井

オタクで腐女子で。休みの日は友人たちと集まってオタクしたり、公園で遊んだり知育菓子を作ったり、架空の恋人を作ったり、フラフープしたりツイスターゲームしたりやりたい放題やって楽しく過ごすつづ井さんの裸一貫のな日常を描いた漫画。

お悩み

毎日好きなことを満足いくまでやって楽しく過ごしていますが、ふとした時に「私は何をしているんだろう」と感じて落ち込むことがあります。私は未婚で、周囲は既婚や子持ちが多いため、その違いにより、そのように感じてしまっているのだと思います。そんな時に読める心があたたかくなるような本があれば、ご紹介いただけないでしょうか?(30代・女性)

ブックセラピストからのひとこと

お悩み主さんは、好きなことを満足いくまでやって楽しく過ごしているとのこと。素敵すぎます!いいですね。最高ですね。

そして、ふとした時に落ち込む気持ちも、すごくわかります。楽しく過ごしているからいいじゃんと思っていながらも、結婚したり、子どもと過ごす姿を見ていると少し落ち込む気持ち。もしかしたら、周りから見たら毎日好きなことして楽しそうに過ごすお悩み主さんのことが羨ましくたまらないのかもしれない。けどやっぱり周りと自分を比べてしまって、落ち込むことも多いですよね。

こちらの漫画、読んでいてとにかく面白くて。元気が出ます。
主に推しに夢中になる話が多いのですが、自分の好きなこと。面白いなと思うことを楽しんで生きていく感じがもう最高だなと。

夜の公園で思いっきり遊ぶとか、お風呂入った友達をスタンディングオーベーションで迎えるとか、推しの情報が少ない中で想像で補って話すとか、友達の誕生日グッズを作るとか、もう誕生日じゃない日に友達を祝福しちゃうとか。楽しすぎません?

結婚とか子どもとか、自分が求めているなら目指していけばいい。けど、そうじゃない生き方も楽しくて最高だよな。それもいいんだよなと感じるんです。周りと比べられないくらい自分の今を楽しで肯定していけたら良いのかなと思いこちらの漫画を選びました。

せっかくなので、心温まる本も紹介します。心温まる本としてみると、吉田篤弘さんの「おやすみ、東京」がおすすめです。午前1時に翌日小道具でつかう枇杷を探しに出るところをきっかけに、びわ泥棒、電話回収の女性、夜中のタクシー運転手、夜中の食堂の女性、名探偵と名乗る男...それぞれの人が少しずつ交わっていく連作短編小説のようなお話しで。夜中の出来事にどこか安心して、穏やかな、優しい気持ちになります。

気になる方、手に取ってもらえると、と思います。

created by Rinker
¥1,045 (2024/07/15 18:04:34時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥814 (2024/07/15 18:04:34時点 楽天市場調べ-詳細)