日常

初めての一人暮らし、初めての環境。慣れない生活に息苦しくなる。

  • 閲覧数:64
本のタイトル
52ヘルツのクジラたち
著者
町田そのこ

人生を家族に搾取され、すべての関わりを断つように港町にきた女性。母親から虐待を受け、周りからも見て見ぬふりされる少年。誰にも届かない声を聴いた時、固まっていた心が動きはじめる。読み進めるのは胸がギューッと苦しいけれど、読んでいるうちに自分の中にためていた感情が溢れてくるお話し。

本からこんなことに気づけるかも

1

苦しいこと、助けてほしいことを声にする

2

自分の声を聴いてくれる人にいつか出逢える

3

泣くことでモヤモヤを流せる

ブックセラピストからのひとこと

あなたは今、何を思っているのでしょうか。「何が苦しい?」「何が大変?」「どんな気持ちがあなたの心を占めている?」

ストレスで溺れてしまう前に、思っていることを外に出してみてほしいなと思うんです。外に出すことで、少しでも息をしやすくなるんじゃないかなと思っています。
誰かに話してもいい。紙に書いてもいい。ちゃんと伝えなきゃとか考える必要はなくて。こう思われたら嫌だなとか、その想いも含めて外に出してほしい。涙が出てくるときは、思いっきり泣いていい。それもあなたの想いを外に出す1つの方法です。

想いを外に出すことで、あなたの声に気づいて、あなたに寄り添ってくれる人と必ず出逢えます。もしまだ出逢えていないなら、出逢えるまで本があなたに寄り添ってくれます。パッとみて興味を持った本。その本があなたの支えになるはずです。

「自分の想いをため込まない。」
頭のすみに、つねにこのことを置いておいてほしいなと思っています。私はいつもBOOPYにいます。いつでもあなたの声を待っています。

created by Rinker
¥1,760 (2024/03/02 09:58:08時点 楽天市場調べ-詳細)