恋愛

好きな人にフラれて、立ち直れない。

  • 閲覧数:73
本のタイトル
花束みたいな恋をした
著者
坂元裕二

はじまりは、終電だった―― 東京・明大前駅で終電を逃し偶然に出会った山音 麦と八谷 絹。 人生最高の恋をした、奇跡のような5年間を描く、至極のラブストーリー。 2人を待つ結末はいかに....

本からこんなことに気づけるかも

1

価値観って移り変わっていく。

2

全てはタイミング。

3

ひとつひとつの思い出って花みたいだなぁ。

ブックセラピストからのひとこと

この本を読んでも立ち直れないかもしれません。。。笑 僕なら余計に泣いてしまうかも笑 けど、それでいいと思います。
立ち直れないほど、相手を想って、その思い出が花束みたいだったことを受け入れましょう。 たくさん涙を流した後に、徐々に立ち上がればいいのです。

「花束みたいな恋をした」この本を読んだ時に、大学生真っ只中ってこんな感じやなぁ〜と思いました。キラキラ光るような恋で惹かれ合う2人。そして、社会人になってすれ違う2人。 幸せって何だろうなぁー!!!笑

2人で居れる時間を大切にしましょう。 花束はいつか枯れてしまうけど、だからこそ美しい。 いつかあなたが、素敵な恋に出会えますように!!

created by Rinker
¥1,100 (2024/07/16 17:44:21時点 楽天市場調べ-詳細)