人間関係

職場の人間関係に、なんだかモヤモヤする。

  • 閲覧数:70
本のタイトル
きみはだれかのどうでもいい人
著者
伊藤朱里

地方の県税務署。同じ職場で働く立場も年齢も違う4人の女性たち。それぞれの視点で、人間関係の悩みを描いたお話し。

本からこんなことに気づけるかも

1

それぞれの想いや抱えていることを感じれる。

2

人間関係を客観視できる。

3

彼女たちのモヤモヤに共感できる。

ブックセラピストからのひとこと

ピンポイントで、この人のここが苦手。そんな風に思えることもあれば、ただ、なんとなくモヤモヤすることもあって。さらに、何も言えない自分にモヤモヤする。そういうことってよくあると思うのです。同じ空間を過ごしていても、人それぞれ感じ方は違くて。自分が考えすぎてしまうことも、相手は案外どうでもよく思っていたり。怖いと思っていた人は、ただただテキトーなだけであったりすることも多い気がします。

あなたは誰かのどうでもいい人で、私も誰かのどうでもいい人。あなたは誰かの大事な人でもあって、自分も誰かの大事な人。だから、誰に対しても真面目にならなくてよくて。程よく適当に。それぞれにあった距離感で関わってみてもいいんじゃないかなと思います。

created by Rinker
¥1,870 (2023/03/27 03:12:58時点 楽天市場調べ-詳細)