夢・進路

自分が本当にやりたいことは何なのか、このままでいいのか分からない。

  • 閲覧数:98
本のタイトル
100年後あなたもわたしもいない日に
著者
土門蘭

抽象的で、具体的で、自由で、鋭い。 イラストを、生活をトリミングするふたりの作家の、やわらかくてあたたかいイラスト、短歌、短文が詰まった一冊。 どんなに辛くても、楽しくても、あなたもわたしもいなくなっても、今日も、朝陽がのぼる。

本からこんなことに気付けるかも

1

書く、ことに救われることはある

2

どこまでもひとり、という強さ

3

どうせ朝は来るから、とりあえずやってみる

ブックセラピストからのひとこと

「この日々に ライナーノーツを書いてほしい 平凡なアルペジオの集積」(土門 蘭)

このままでいいのか分からない、と思うことはたくさんあります。自分は何かを成した人間ではないけれど、きっと何かを成した人も、そう思っているのでは、と近頃は思います。

冒頭に引用した短歌にある「ライナーノーツ」は、CDに付属している解説文のことです。そしてこれは、アーティスト本人ではない音楽ライターやレコーディング関係者などによって書かれることが多いそうです。

誰もが、誰かに見出されたいと願っている。それは、当たり前のことです。本当にやりたいことを見つけるのはとても難しく、仮にやりたいことがあっても、もっと何か大きなことをやらないと、意味がないのでは、とも思います。

そんなときに、ふと立ち止まって、結局のところひとはどこまでもひとりだったり、どうせ朝が来てしまったり、ということを考えてほしいです。100年後、あなたもわたしも絶対にこの世にいません。だから、本当にやりたいことを無理に見つける必要はありません。

そして、できれば何か書いてみてください。絵でも、日記でも、短歌でもいいです。自分の気持ちをアウトプットすると、すこし楽になります。

このままでもいいや、と思える術は、自分を楽にしてくれます。 そう思えるようになってから、ぜひ、自分と向き合って、本当にやりたいことは何か、自分とよく話してあげてください。