日常

何気ない一言や大切な人からの言葉で心が傷付いて、立ち直るのに時間が掛かる

  • 閲覧数:65
本のタイトル
ぼくは くまのままで いたかったのに・・・・・・
著者
イエルク・シュタイナー ぶん  イエルク・ミュラー え

冬眠から目覚めたクマ、気づくと森は工場になっていて。労働者として働きはじめるうちに、クマであることも見失いつつあって。思わず深く考えてしまう、大人絵本。

本からこんなことに気づけるかも

1

それぞれ見えてる世界が違う事を感じる

2

周りの言葉に支配される怖さを感じる

3

自分のアイデンティティを考える

ブックセラピストからのひとこと

相手は誰かを傷つけるつもりはなくて、自分を想って言ってくれたことかもしれない。けど、そんな一言や大切な人からの言葉で傷ついて、しばらく引きずってしまうことってありますよね。

何か言われてグサッときたとき。「もしかしたら相手はクマなのかもしれない」「相手から見える世界はそうなのかもしれない」そう考えてみるのはどうでしょう。

今は同じ環境にいる相手も、これまでの育ってきた環境が違えば考え方が違くて。お互いに見えている世界が違うのだと思います。
なので、相手の言葉で傷ついたときは、全く違う生き物、クマが言っていることだと思えば可愛らしく見えてきませんか。そしてクマの言っていることとして一歩離れて見ていると、相手の立場を踏まえて言っていることの意味を感じ取れたり、自分が背負わず冷静に言葉を受け取れると思います。

相手に言われた言葉であなたが自分自身を気負う必要はなくて。そういう視点もあるんだ〜と受け取っておけばいいと思うんです。相手の言葉によって、自己評価が下がったり、自分を失ってほしくないなと。

それでも傷ついて立ち直れないときは、目的もなくお散歩に出かけたり、窓を空けて丁寧に掃除をしてみたり、レシピを見ずに料理をしてみるのがお勧めです。きっと、暮らしと一緒に、自分のモヤモヤした心も整ってくると思います。

相手の言葉をきちんと受け取る素直なあなたが、いろんな視点を持ちながら豊かに生きていけますように。