BOOPY選書会を開催しました!(次回は1/17)

2022年12月27日(火)20時〜 BOOPY選書会を行いました!今回は、その選書会で紹介された本や考え方について共有していきます。

この女性に本を贈るとしたらどんな本を贈るだろう。そんな想いで選書した本をシェアしました!※()内は参加者さんのニックネーム(敬称略)を記載しています。

神さまとのおしゃべり】さとうみつろう

人間が持つ悩みについて神様と喋るお話。私達は頭に思っていることを意味する顕在意識と、無意識に考えていることを意味する潜在意識の中で生きています。私たちの悩みは無意識領域である顕在意識がほとんど。つまり悩んでいること自体どうでも良いのだと。悩んでるということは選択肢があるということで、選択肢があるのって幸せなこと。でもその選択肢って結局どっちでもいいことが多いんです。そもそも悩むのを辞めていこう。(まゆなーる)

【80日間世界一周】ジュール・ヴェルヌ

学生の頃と比べてあっという間に思えるのはなぜだろう。学生のことは、色んなことや新しいことに溢れていて、ぼーっとしてる暇なんてなかったのではないか。今、時間が経つのが早くて悩んでいるのならば、まずはこの本を80日かけて読んでみるのはどうだろう。今の世界とは全然違う時代背景、危険もあるし予定通りにいかないこともある”80日間世界一周”を80日かけて読むことで冒険をしてみる。マンネリにならない生活を送るための、その取っ掛かりとしてこの本がよいのではないかなと。合わないのであれば本を読まなくても良い、ただ、趣味を増やしてみたり、やったことないことをやってみたり、積極的に動いてみる。一度きりの人生、冒険しよう!(yoni)

【これは水です】デヴィッド・フォスター・ウォレス

大学の卒業式で旅立つ人に向けて語ったスピーチを綴った本。社会人になると来る日も来る日も同じ日常で、退屈やイライラも溢れてくるように思う。そういうとき、頭の中の初期設定をリセットしてみることで固定概念から脱却しようということをこの本では勧めていて。リベラルアーツ(教養)をつけて色んな見方を身につけることで、同じ日常も違う景色に見えてくる。そうすることで同じ時間も濃く感じられるのではないでしょうか。 (はっせー)

【リレキショ】中村航

created by Rinker
¥660 (2024/05/25 14:21:31時点 楽天市場調べ-詳細)

不安に思うということは、きっと今の生活に満足できていなくて。何かになりたい、そう思っているように感じます。だからこそ、好きなことを好きなように描くリレキショに自分の想いを託してみるのはどうだろう。これまでの自分がどうだったか、ではなくて、どんな自分を創っていきたいか。なりたい自分を描いていこう、そうすれば毎日がきっと面白くて、不安も軽くなるように思うのです。(いず)

本の読み方や悩みとの向き合い方・解決策は人それぞれで。それぞれだから面白い。そして、そんな違いを楽しんでいけたら、多様な価値観の中でも自分の道を歩んでいけるのではないか。そのときの自分がより共感するものに出逢うキッカケになれれば良いなと思っています。

次回の選書会は1月17日(火)20時〜を予定しています!テーマは

【「この春卒業してしまう先輩に想いを伝えたいけど、一歩踏み出せない。でも後悔したくない。」そう悩む21歳・大学生の女性に本を贈るとしたらどんな本を贈る?】です。

詳細はBOOPY公式SNS、Peatixにてお知らせします!ぜひチェックしてもらえたらと思います!そして本が好きなあなたへ、一緒に語り合えたら嬉しいです。

詳しくはこちらご覧ください(Peatix)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。